名古屋の分譲住宅を購入するための手続きとは

名古屋で分譲住宅を購入するためには、住宅購入の手続きをする必要があります。名古屋の不動産会社にどのような物件があるかを問い合わせて、まずは物件を見に行くことから始めなければなりません。通信販売のように写真だけ見て決めるというのは危険すぎますし、不動産会社もそれに対しては否定的な態度をとるでしょう。実際に物件を見るときに、どのくらいの物件数を見たらいいかは人によって異なります。一件目で決まることもあれば、10件ぐらい見て回らないとなかなか決まらないこともあります。このように、場面や人によっても異なりますので、できるだけ粘り強く物件を閲覧するようにしましょう。分譲住宅を見て回り、気に入った住宅があれば不動産会社に購入したい旨を話します。

必ず購入することができるとは限らない理由

名古屋市内に規模の住宅があった場合、不動産会社に分譲住宅を買いたい旨申し出ます。ですが、必ず購入できるとは限りません。なぜなら住宅ローンの審査に通らない場合があるからです。例えば、年収が夫婦合わせて300万円ぐらいしかない場合は、ローンを組むにしても2000万円以上組むのは難しくなります。住宅の購入金額が4000万円で、500万円しか頭金がない場合は3500万円のお金を借りなければなりません。もしこのとき収入が少なかったりすれば、不動産会社としても震災に通る可能性はないと考え、断るでしょう。では逆に、購入できる可能性がある場合はどうなるでしょうか。この場合はそのまま審査に通します。審査の結果が出るまで1か月近くかかることもありますが、不動産会社の方で太鼓判を押してもらった場合は、審査が通る可能性が高いでしょう。

売買契約を行にも時間がかかることも

不動産を購入している時に多くの人が気づくのは、意外と時間がかかるということです。2か月ぐらいの予定で不動産の購入を理由決めていた人は、面食らうかもしれません。実際にローンの審査だけ1カ月かかるのですから、最低でも3カ月は売買契約終了までにかかると思った方がよいでしょう。売買契約をするときには免許証や住民票などを必要とします。また場合によっては実印も必要とすることがありますので、必ず実印は用意しておきましょう。売買契約をする日時とその後のローン会社の契約をする場合は日時がなかなか決まりにくいかもしれません。双方の都合の良い日を選ぶと、1カ月以上先になってしまうこともあります。もし引っ越しを予定しているのであれば、できるだけ先延ばしをするように考えましょう。住宅を決定してから4か月後から半年後ぐらいでよいのではないでしょうか。

木造二階建て、鉄骨三階建て、平屋、シンプルモダン、本格和風、宿泊できる展示場などがあります。 憧れのライフスタイルがきっと見つかる、こだわりモデルハウス。 一宮、江南、春日井、蟹江、長久手、東浦、岡崎、西尾に展示場を設けています。 家づくりを体感できるイベントや見学会を随時開催。宿泊体験が可能な展示場で住み心地の確認もできます。 デザイナーズ住宅を名古屋に建てたいならサンショウドーがお勧め